いくら請求できるのか

実際に交通事故で被害者が死亡してしまった場合にどのくらいの慰謝料を請求できるのでしょうか。まず加害者に対して請求できる慰謝料の範囲としては葬儀代と逸失利益、そして死亡本人と遺族の慰謝料です。葬儀費については自賠責保険では60万円が限度とされています。

ただし立証資料があるならば100万円までは認められるでしょう。弁護士による交渉ではさらに高額な葬儀費を認められるケースもあります。いずれにしても葬儀の領収書を揃えて交渉することが重要なのです。逸失利益というのはその人が死亡していなかった場合に得られていた経済的な利益のことです。

その人の収入やライプニッツ係数などを含めた計算式で求められます。ライプニッツ係数というのは逸失利益に対して中間利息を控除するためのものです。さらに慰謝料が発生します。死亡事故の慰謝料としては一家の支柱の場合は2800万円、母親や配偶者の場合は2,500万円、その他では2,000万円から2,500万円という基準が公開されています。

ただしこれはあくまでも目安であり、実際にはここの状況によってかなり差が生じます。弁護士に示談交渉を依頼することによってもっと高額な慰謝料を請求できるケースもあるでしょう。そのため弁護士に相談することは有効なのです。

→死亡慰謝料とは