死亡慰謝料とは

Pocket

交通事故が発生すると加害者は被害者に対して慰謝料を支払うことになります。これは精神的な苦痛に対するものだけではなくて、治療費用や入院雑費、通院費、休業損害などさまざまなものを考慮して決められます。そんな交通事故の慰謝料は大きく分けて3つの種類が存在しています。後遺障害慰謝料というのは後遺症状が残ってしまった場合の慰謝料であり、入院慰謝料は入院を強いられた場合の賠償としての慰謝料です。そして死亡慰謝料というものがあります。

死亡慰謝料というのは被害者が死亡してしまった場合に発生するものであり、その遺族に対して支払われることになります。これには亡くなった本人に対する慰謝料と遺族に対する慰謝料に分けることができます。大切な家族が亡くなったことによって遺族にも精神的なショックがあるためにそちらに対する慰謝料も発生するのです。

死亡慰謝料には3つの基準が存在しています。それは裁判所が採用する基準と任意保険の基準、そして自賠責保険の基準です。この中では裁判所の採用する基準が最も高くなっています。そのため弁護士を雇って慰謝料を請求した方がその額が高額になりやすいのです。交通事故被害の慰謝料を請求する時は、一度弁護士に相談してみることをオススメします。

推奨リンク-http://ko2jiko.com
(交通事故被害の慰謝料について無料相談できる法律事務所のサイトです。)

 

いくら請求できるのか

実際に交通事故で被害者が死亡してしまった場合にどのくらいの慰謝料を請求できるのでしょうか。まず加害者に対して請求できる慰謝料の範囲としては葬儀代と逸失利益、そして死亡本人と遺族の慰謝料です。葬儀費については自賠責保険では60万円が限度とされています。ただし立証資料があるならば100万円までは認められるでしょう。弁護士による交渉ではさらに高額な葬儀費を認められるケースもあります。いずれにしても葬儀の領収書を揃えて交渉することが重要なのです。

逸失利益というのはその人が死亡していなかった場合に得られていた経済的な利益のことです。その人の収入やライプニッツ係数などを含めた計算式で求められます。ライプニッツ係数というのは逸失利益に対して中間利息を控除するためのものです。

さらに慰謝料が発生します。死亡事故の慰謝料としては一家の支柱の場合は2800万円、母親や配偶者の場合は2,500万円、その他では2,000万円から2,500万円という基準が公開されています。ただしこれはあくまでも目安であり、実際にはここの状況によってかなり差が生じます。弁護士に示談交渉を依頼することによってもっと高額な慰謝料を請求できるケースもあるでしょう。そのため弁護士に相談することは有効なのです。